Copyright © 2016 北大史学会 All rights reserved.

卒論・修論発表会

2017年度

開催日:2018年3月1日(木)10:25〜17:25
会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟W201/202室

開会の挨拶 10:25〜10:30
(1)卒業論文報告

①清水亮佑(日本史学) 10:30〜11:00「日本古代における即位儀礼の変遷」
②長瀬篤音(東洋史学) 11:00〜11:30「ティムール朝末期サマルカンド政権(1469-1500)の君臣・家臣間関係」
③田口直之(西洋史学)11:40〜12:10「属州シリアにおける軍隊と市民の諸関係 ―ドゥラ=エウロポスを例にして―」
④江成慧斗(北方文化論)12:10〜12:40 「石錘の機能と用途 ―北海道南西部における縄文早期から中期にかけて―」

(2)修士論文報告
①中村圭佑(日本史学)14:40〜15:30「蝦夷地第二次幕領期におけるトカチ場所のアイヌ社会と和風化」
②大楠晋也(東洋史学)15:30〜16:20 「北元漢語称号考」
③福井慶丈(歴史文化論)16:30〜17:20 「植民地期朝鮮における「美術」と「工芸」」

閉会の挨拶 17:20〜17:25

2016年度

開催日:2017年2月28日(火)10:25−16:25
会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟W201/202室

開会の挨拶 10:25~10:30
(1)卒論発表

①辻 ゆり(西洋史学) 10:30〜11:00「革命期フランスのパイプオルガンをめぐって-パリとルーアンの事例から―」
②吉田拓矢(日本史学) 11:00〜11:30「日本古代の暦法について」
③山崎萌子(歴史文化論)11:40〜12:10「トラック運転手の「保守主義」と自由競争のアメリカ」
④岡田 原(北方文化論)12:10〜12:40 「涌元式土器の研究—館野遺跡出土資料の分析を通して—」

(2)修論発表
①ネステロビッチ・ビクトル(日本史学)14:40〜15:30「昭和戦前戦中期における対ソ政策」
②太田 開(西洋史学)15:30〜16:20 「近世「帝国イタリア」におけるトスカーナ大公位を巡る諸問題」
閉会の挨拶 16:20~16:25

2015年度

開催日:2016年2月23日(火)9:55−16:05
会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟W201/202室
(1)卒論発表
①田渕里奈(東洋史学)「紀元前4世紀の「サトラップ反乱」とアケメネス帝国」
②木村 聡(日本史学)「予算編成から見た海軍省・軍令部関係」
③三浦梨紗(西洋史学)「フランス革命と革命祭典(1789-1793)」
④佐藤加奈(歴史文化論)「日本統治下台湾における教育政策構想-台湾総督府学務課長・持地六三郎を中心に-」
⑤高橋彩美(東洋史学)「三国呉の都城「武昌」と陸遜」
(2)修論発表
①高鳥廉(日本史学)「室町幕府の祈禱空間と護持僧-武家祈禱の史的展開と足利将軍家-」
②富士貴央(西洋史学)「古代イタリア農村部の聖域とローマ支配-サムニウムの事例を中心に-」

2014年度

開催日:2015年3月3日(火)10:00−16:50
会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟W201/202教室
(1)卒論発表(発表25分・質疑応答5分)
①高棹大輔(日本史学)「戦間期における天皇・皇太子警衛の変化と皇室イメージ」
②新田絵梨(東洋史学)「1798年10月のカイロ反乱と民衆」
③鈴木健太朗(歴史文化論)「MLBから見るポスティングシステムの有用性―投資を成功させる要素―」
④佐藤かなゑ(西洋史学)「色から見る中世ドイツ社会」
(2)修論発表(発表40分・質疑応答10分)
①鈴木仁(日本史学)「樺太における文化運動の展開」
②末森晴賀(東洋史学)「サルベイオウルの騒乱と18世紀の西アナトリア社会」
③安酸香織(西洋史学)「1648年ウェストファリア条約におけるエルザス譲渡問題―十都市同盟をめぐる交渉を中心に―」
④渡辺つづり(北方文化論)「東日本における鉄斧の研究」

2013年度

開催日:2014年2月28日(金)
会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟W201-202教室
(1)卒論発表(発表25分・質疑応答5分)
①田中尚光(日本史学)「幕末維新期の外交儀礼」
②村井亮太(歴史文化論)「野球文化の拡大と独立リーグの役割─イスラエルプロ野球と野球独立リーグを比較して」
③高井航平(北方文化論)「小幌洞窟遺跡出土石器の使用痕分析」
(2)修論発表(発表40分・質疑応答10分)
①成田達彦(歴史文化論)「非白人選手に見る連帯のかたち─連帯のかたちが示すMLBの変容過程」
②佐藤麻莉(日本史学)「寛政十一年の蝦夷地採薬使」
③頼成航平(東洋史学)「明代粧奩考」
④関根千尋(東洋史学)「マムルーク期のカイロにおけるサビール・マクタブ」
⑤前田悠太(西洋史学)「人的結合からみる古代ローマの解放奴隷─墓碑の検討を中心に」

2012年度

開催日:2013年2月28日(木)
会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟W201教室
(1)卒論発表(報告25分・質疑5分)
①谷口和彦(歴史文化論)「北海道開拓における神社の形成と役割─札幌を事例として」
②大西凛(北方文化論)「オホーツク文化の動物利用―出土遺存体の検討」
③盛田恵梨奈(日本史学)「寛政改革期における幕府の学問吟味と褒賞」
④高橋伽奈(西洋史学)「ロシア・ウクライナ関係の現在─ウクライナのNATO加盟問題、「ガス戦争」を中心に」
⑤齊藤遼(東洋史学)「春秋晋の邑・県・世族」
⑥末森晴賀(東洋史学)「18世紀西アナトリアの地方有力者とオスマン帝国」
(2)修論発表(報告40分・質疑10分)
①川端悠紀(日本史学)「幕末加賀藩の蝦夷地政策」
②藤原一彰(日本史学)「古代中世移行期の陸奥国宗教支配─陸奥国一宮塩竃神社の再検討」
③北山祥子(歴史文化論)「植民地朝鮮における争点としての史学と歴史家の責任・清算」